デリカD:5 パワーディーゼルに半年、乗って気付いたこと

クルマ

デリカD:5のディーゼルに乗り始めて半年が経ちました。

初のディーゼル車でしたが、色々と感じた事を書いていきます。

メリット1:パワーが凄い

特に長い坂道はぐいぐい行って坂道と感じさせません。
岐阜市で乗る前に、レンタカーで熊本の阿蘇山に行った事があったのですが、
特にその時に強く感じました。
あれだけのサイズのクルマにも関わらず、当時、乗っていたフォレスター(2017年製造)よりも坂道は難が無いと感じました。

デリカのような大型車でも感じるくらいなので、小型車であればなおさらです。
以前にレンタカーでデミオのディーゼル車に乗る機会がありましたが、
私がこれまで運転したクルマの中では、一番のスピードを感じました。

メリット2:燃費が良い

最近、特にガソリン代がまた高くなってきたので気になるところ。
これを執筆時、岐阜県内の平均価格がレギュラー148円の時に、軽油は128円です。
15%ほどの差があります。
これが満タンの場合、デリカD:5の場合はタンクが60Lのため、軽油は7680円、レギュラーは8880円という1000円以上の差が出ます。

また、油種の単価のみではなく、油種によって走行距離も異なります。
同じデリカD:5のガソリン車は、実燃費が8.72km/Lのところ、ディーゼル車は10.76km/Lになります。
(参考:e燃費)
23%の差があります。
これを油種の価格差15%をプラスすると38%の差が出ます。

私が先に乗っていたフォレスターと比べても20~25%程、燃費が安くなっています。
車格が大きくなった反面、燃費が安くなったのは嬉しいところです。

しかし、良いところばかりでもありません。
デメリットも紹介します。

デメリット1:低速が弱い

これが最初に感じた難点。
ゼロからの走り出しがノロノロしており、特に右折が難しい!
ノロノロと走り始めて、急にドカンと早くなるので(ターボ車のため)、たまにハンドルが取られて危ない時があります。
中速から高速の加速度は素晴らしいですが、ゼロから中速は加速度が悪く、慣れが必要です。
ここは低速が得意なハイブリッド車に譲るところです。

デメリット2:音がうるさい

レギュラーガソリン車にくらべると、やはりバスに乗っているかのような音がします。
特に停車時には気になりますね。
私はよく、アイドリングしたまま休憩したり車中泊をする事がありますが、
音が大きい事を気にして、停車する場所をかなり選びます。
ここも音が静かなハイブリット者の方が良いですねぇ。

まとめ

単なるレギュラーガソリン車に比べるとメリットは多く、
メリットだけを見ればハイブリッド車と同じように見えます。
しかし、デメリットを見るとハイブリッド車の方が良いです。
できればハイブリッド車が良いですが、車種によってはディーゼル車しかない場合の選択になるでしょうか。

また、私のように年間2万km程、運転する場合はメリットは多いですが、
年間1万km以下の場合は、車体価格差を埋める事は難しいです。

たまに妻の軽自動車(レギュラーガソリン車)を運転する事がありますが、
近場(概ね20km以内)を移動する場合は、こちらの方が楽に感じますね。

しかし、パワフルなところやハイブリッド車に比べると車体価格が安いのは魅力です。
ノンハイブリッド車とハイブリッド車の中間くらいの存在と思えば良いでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました