つらい蓄膿症(副鼻腔炎)の付き合い方

病気

年始に風邪をひいて、2週間程して、ようやく治ってきました。

私がいつも悩むのが蓄膿症です。

これが発症すると、なかなか治りません。
少なくとも数週間、長いと数ヵ月かかります。

小学生の頃から、一度、風邪をひくとなかなか治らず、学校も休みがちでした。
当時は体が弱いのか、そもそものメンタルが弱いのか、色々と悩みました。
中学、高校生になるにつれ、次第に良くはなっていきました。
しかし、社会人になってハードな仕事していると、また悪化してきました。
30歳くらいの時に、大きな症状が出て、この時に大病院で検査して、蓄膿症が発覚しました。

しかし、おかげでそれからは上手に付き合えるようになりました。

■具体的な症状

まずは、気分が悪い。
何をやってもふさぎ込むというか、集中できません。
鼻から額にかけて重い感じがします。

あとは頭痛。
二日酔いの症状にも似ています。

咳をともなう時もあります。
微熱も出る事があります。

大抵の場合、つらいのは風邪気味っぽいところです。

それが数週間や数ヵ月と、長くつづきます。
仕事や学校を休む程の症状ではないですが、
かといって仕事や学校へ行くと、仕事や勉強にも集中できず、地味に辛いです。
どうせなら、数日間でいっきに来てほしいところです。

私の場合、症状が悪い時は、アレルギー症状がひどくなります。
化学物質過敏症もあるため、これが特にひどくなります。
特にクルマの廃棄ガスが気になります。
大通りを走行すると、咳が止まらなくなる事があります。

最悪の場合は、高熱が出ます。
家族からも「蓄膿症で高熱は出ないだろう」と言われますが、
実際に出るのです。

■治療は抗生物質がベスト

急性というか一時的な場合の治療の仕方を紹介します。

一番、良いのは耳鼻科で抗生物質を処方して投薬する内科的治療です。

症状によりますが、1週間~2週間で治る場合が多いです。

病院に行くのが一番、良いですが、そんな暇がない場合はECサイトから購入ができます。
「ジスロマック」が入手しやすいです。

下記の「お薬なび」から購入できます。
しかし、健康保険が使えないため、病院で処方してもらうよりも高価です。
1錠500円程、します。
また、こうしたECサイトは海外から送る場合が多く、到着まで数週間、かかります。
ですので、発症してからでは遅いため、事前に購入して備蓄した方が良いです。

アジスロマイシン通販|ジスロマック|抗生物質|効果・副作用
アジスロマイシンを成分とするジスロマックは、性病に用いられる抗生物質でクラミジアや淋病、子宮頸管炎に効果的です。効き目も長く持続する事で使い勝手が良いのも特徴です。効果や副作用、服用方法もご確認下さい。通販ならお薬なびにお任せ下さい。

■市販薬の場合

蓄膿症向けの市販薬も多くあります。
代表的なものが「チクナイン」です。
薬というより、漢方薬です。
ですので、症状が軽い時には良いですが、
症状が悪化してからでは、あまり効きません。

症状が悪い時は、まずは抗生物質から使うのがベターです。

あと、私が良く使うものとしては、痛み止めです。
これを使うと、かなり症状が和らぎます。
あくまで症状の感じ方を和らいでいるだけですので、治療ではないです。
しかし、体が楽になれば免疫も良くなりますので、幾分かは治りが早くなります。
それと、病院にすぐに行けない場合には、とりあえずの処置として使うのも良いです。

私が良く使うものとしては、EVEやバファリンです。
風邪薬と比べても安価なので、常備薬として重宝しています。

■予防の仕方

予防は風邪と一緒です。

蓄膿症は風邪と併発しますので、まずは風邪にならない事です。

私の場合ですが、体を冷やさない事を一番に心がけています。

大抵の場合、夜、寝ている時に体が冷えると、十中八九、風邪になり蓄膿症になります。
暖かくして寝るのが一番です。
冷え性でもあるので、多少、電気代がかかっても部屋を暖かくして寝ます。

冬はもちろんですが、意外と夏も冷房のかけすぎでなる事もあります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました